あなたの仕事場は勤怠管理できてる?

社員の勤怠管理は企業の責任

一昔前まで、勤怠管理は実体を伴わないこともありました。30代、40代以上の会社員の方は、若手の頃に定時を過ぎたらタイムカードを押し、それから残業開始という経験をされたかもしれません。
しかし、現在では過酷な長時間労働は社会問題と捉えられ、勤怠管理の重要性が広く認識されています。もし残業中に事故があり、企業が勤務時間を把握できていなかった場合、社会的信用を失うことにもなり得ます。また、自宅や出張先でパソコンを開いて仕事をすることも一般的になり、オフィスにいない場合の勤務時間も管理する必要が出てきました。
1分単位の勤務時間管理を実施している企業も多くなってきており、確実で使いやすい勤怠管理システムの需要は高まっているといえます。

タイムカードは時代遅れ?新しい勤怠管理システム

全社員がパソコン、スマホを持ち、セキュリティゲートや電子錠が設けられた環境で、タイムカードを使った勤怠管理が最適と言えるでしょうか?
クラウド型の勤務管理は、ネットワークにつながるパソコンもしくはスマホがあれば、初期費用を抑えて導入できるシステムです。社員は勤務開始時と終了時に専用サイトへアクセスし、勤務時間を打刻します。自宅や外出先でもサイトにアクセスできれば打刻できますし、休日や残業の申請、年間、月間の勤務時間管理も同じシステムで一元的に行えるというメリットもあります。
オフィスでの確実な時間管理を求められる場合は、セキュリティゲートや入室管理システムと連携したソリューションも検討すると良いでしょう。ICカード付きの社員証を使っている企業であれば、違和感なく導入することが可能です。

© Copyright Work Table Record. All Rights Reserved.