教育機関への使用も検討?高まるタイムレコーダーの需要

勤務時間を正確に把握する手段として導入

学校は子供が学びに行くところです。子供だけで運営されているのではなく、運営は大人です。主に教員免許を持っている先生と呼ばれる人たちが運営をして、子供にいろいろな内容を教えています。授業時間自体は8時30分ぐらいに始まって、夕方の3時ごろには終了します。サラリーマンよりも労働時間が短いように感じますが、クラブ活動の指導や、授業の準備など授業以外の仕事もあります。これまでは自己申告などでの就業管理が多く、正確な勤務時間の把握がされていませんでした。そこでタイムレコーダーの導入が検討されています。会社などでは当たり前ですが、公立の小中学校では導入されていません。導入されれば、勤務時間の見直しなどがしやすくなるでしょう。

打刻タイプより入室管理とリンクするタイプ

学校では、先生や教師の仕事があります。主に生徒に勉強を教える仕事になります。仕事として認識されているのは授業の時間だけでなく、準備やクラブ活動の指導その他があります。これまではあまり労働時間の把握がされてきませんでしたが、以前から労働時間が多いのが問題とされていました。現在は少ないながらもタイムレコーダーを設置しているところがあるようで、これから進める学校が増えるとされます。注意として、タイムカードに打刻するタイプはあまり効果がないかもしれません。自分の打ちたいときに打刻ができるからです。今は学校でも入室管理などがされているので、そちらに連動するタイプが良いでしょう。課外活動時の把握方法なども考える必要があります。

© Copyright Work Table Record. All Rights Reserved.